OPEN
CLOSE

CHARACTER

ナツキ・スバル

Subaru Natsuki

CV:小林裕介

無知無能にして無力無謀と四拍子欠けた主人公。突如として異世界に召喚され、訳の分からない状況に翻弄される。物怖じしない性質と持ち前の図々しさで、逆境に弱音を吐きつつも過酷な運命に立ち向かっていく。

エミリア

Emilia

CV:高橋李依

かつて世界を滅ぼしかけた『嫉妬の魔女』と同じ、銀髪に紫紺の瞳を持つ美しいハーフエルフの少女。 お人好しで面倒見の良い性格だが、当人はなぜかそれを素直に認めようとしない。小さな猫の姿をした精霊のパックをお供に連れている。 ルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者の一人。

パック

Pack

CV:内山夕実

エミリアが契約している精霊。 火を司る大精霊で、強大な力を持つ四大精霊の一角でもある。普段は灰色の体毛にまん丸の瞳にピンク色の鼻をした小さな猫の姿をしている。 エミリアの保護者を自称しており、常に行動を共にしている。

レム

Rem

CV:水瀬いのり

ロズワールの屋敷で雑務全般を一手に担うメイドの少女。 屋敷の機能が維持されているのは、彼女の有能さが全てといっていい。亜人の中でも特に強い力を持つ鬼族の生き残りで、双子の姉であるラムを敬愛している。

ラム

Ram

CV:村川梨衣

レムの双子の姉で、レムと同じくロズワールの屋敷でメイドを務めているが、炊事・洗濯・裁縫・掃除、全てにおいて妹に劣るステータスの持ち主。 かつては鬼族の神童として比類なき力を有していたが、角を失った現在、その力は失われている。

ベアトリス

Beatrice

CV:新井里美

ロズワールの屋敷にある禁書庫で司書を務める少女の姿をした精霊。 愛らしい容姿と豪華なドレスで、まるで妖精のような印象を見るものに与える。傍若無人な振る舞いとは裏腹に、素直になれない寂しがり屋。パックのことを『にーちゃ』と呼び慕っている。

ロズワール・L・メイザース

Roswaal L Mathers

CV:子安武人

王戦におけるエミリアの後見人を務めるルグニカ王国の貴族で、辺境伯の立場にある有力者。 王国有数の魔法使いでもあり、王城では筆頭宮廷魔導士としても知られる人物だが、その立派な肩書きと溢れる才能を、奇行奇言と道化のメイクで台無しにする変わり者。

フェルト

Felt

CV:赤﨑千夏

貧民街で育ち、盗みを生業としていた少女。 金色の髪色、紅の瞳というルグニカ王家の血筋にあらわれる容姿の特徴に気づいたラインハルトによって、半ば強引に保護され、ルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者の一人となった。

ラインハルト・ヴァン
・アストレア

Reinhard Van Astrea

CV:中村悠一

近衛騎士団に所属し、若くして『騎士の中の騎士』とまで評される非の打ち所のない傑物。代々『剣聖』を輩出している名門・アストレア家に生まれ、歴代でも最強の『剣聖』と言われている。 フェルトを保護し、フェルトの騎士として共に王戦に臨むことに。

クルシュ・カルステン

Crusch Karsten

CV:井口裕香

ルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者の一人。 ルグニカ王国カルステン公爵家当主の肩書きを持つ男装の麗人。生まれながらに人の上に立つカリスマを持ち、若くして当主を継いだ才媛。王戦候補者の中でも最有力候補の呼び声が高い。 嘘を見破る『風見の加護』を持つ。

フェリックス・アーガイル

Felix Argyle

CV:堀江由衣

クルシュの騎士として、共に王戦を戦う王都でも随一の治癒魔法の使い手。 フリフリの衣装に愛らしい仕草、そして頭には柔らかなネコミミ。挙動や言動の端々に『狙っている』感があるが、それがやけに似合う。長い付き合いであるクルシュへの忠誠心は、王選ペアの中でも特に強い。性別は男性。

ヴィルヘルム・ヴァン
・アストレア

Wilhelm Van Astrea

CV:堀内賢雄

かつて『剣鬼』の名で国中に知られた剣の達人。 愛妻家であり、その惚気はスバルさえもたじろがせるほどストレート。クルシュに仕える従者として、妻であった先代の『剣聖』、テレシア・ヴァン・アストレアの命を奪った白鯨を打ち倒す機会を待ち続けていた。

アナスタシア・ホーシン

Anastasia Hoshin

CV:植田佳奈

ルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者の一人。 隣国カララギの大商会を率いる若き商人。果てなき強欲と向上心の持ち主であり、王国を手中に収めるために王選に参加した。私兵として傭兵団を保有しているが、傭兵団の人選には彼女の趣味が反映されている。

ユリウス・ユークリウス

Julius Juukulius

CV:江口拓也

整った顔立ちに優雅な振舞い、高貴な生まれに確かな地位を持つ優れた騎士。 近衛騎士団に所属し、数ある騎士の中でも『最優の騎士』とされる優秀な人物。剣技・魔法の技量に優れ、他の騎士たちの信頼も厚い、王国に忠節を誓う美丈夫。アナスタシアの騎士として、共に王戦を戦う。

プリシラ・バーリエル

Priscilla Barielle

CV:田村ゆかり

『血染めの花嫁』の異名で呼ばれるルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者の一人。 傲岸不遜な態度に大胆不敵な行動と唯我独尊の覇道を謳う人物で、世界は自分に都合の良いようにできていると豪語するほどの凄まじい豪運の持ち主。

アルデバラン

Aldebaran

CV:藤原啓治

漆黒のフルヘルムで頭部を覆い、首から下を山賊風ファッションに包んだ隻腕の男。屈強な肉体に歴戦を感じさせる立ち振舞いだが、飄々と軽薄な態度の目立つ変人。 戦闘力より、その奇抜な格好や発言を気に入られてプリシラの騎士となった変わり種。

エルザ・グランヒルテ

Elsa Grandhirte

CV:能登麻美子

黒髪を長く伸ばし、艶めいた雰囲気をまとう美女。 その正体は何者かからの依頼によってエミリアの徽章を狙っていた暗殺者だった。独特な形状を持つナイフで腹部を切り裂き、その中身を観察することに興奮を覚える異常性から『腸狩り』の異名を持つ。

ペテルギウス・ロマネコンティ

Petelgeuse Romaneeconti

CV:松岡禎丞

魔女教の幹部である大罪司教の一人。『怠惰』担当。 『嫉妬の魔女』を信奉し、その寵愛に報いることを至上の目的としている。勤勉であることを美徳とし、怠惰であることを悪徳とする信念の持ち主。 『見えざる手』の操り、幾度もスバルの前に立ち塞がった。

フレデリカ・バウマン

Frederica Baumann

CV:名塚佳織

女性にしては身長が高く、澄んだ翠の瞳を持った美女――ただし、牙を隠せば。 ロズワール邸で働いていたメイドであり、このほど、そのお役目に復帰した。ラムやレムの先輩メイドにあたり、ロズワールへの忠誠心と能力の高さは折り紙つき。

ペトラ・レイテ

Petra Leyte

CV:高野麻里佳

ロズワールの屋敷の近くにあるアーラム村で暮らす村一番の美少女。愛くるしい顔に利発な頭、何事も器用にこなし、飲み込みも早い才能豊かな女の子。 募集に応じて立候補し、ロズワール邸の新人メイドとして屋敷で雇われることに。

オットー・スーウェン

Otto Suwen

CV:天崎滉平

どんな生き物とも会話ができる『言霊の加護』と機転の利く頭に恵まれ、運に見放された青年。旅の行商人であり、商人としての才覚はあるものの、致命的に不運。リーファウス街道の移動中、ふと耳にした儲け話に飛び付いたときから、彼の受難は始まりを告げた。

ガーフィール・ティンゼル

Garfiel Tinsel

CV:岡本信彦

凶悪な目つきに鋭い牙、その外見の印象を裏切らない短気で野蛮な性格の青年。 特徴的な喋り方と、多用する謎の慣用句で、ちょくちょくスバルを翻弄する。

リューズ・ビルマ

Ryuzu Birma

CV:田中あいみ

ガーフィールと長く深い付き合いがあり、ガーフィールのことを『ガー坊』と呼び、気にかけている。 幼い少女のような外見に反して、年寄りのような老成した立ち居振る舞いから、スバルたちを困惑させる。

エキドナ

Echidna

CV:坂本真綾

スバルが出会う謎の美女。漆黒の衣装と、真っ白な色が抜け落ちたような髪の毛が特徴的。 彼女に茶会に招かれたスバルの運命や果たして……。

レグルス・コルニアス

Regulus Corleonis

CV:石田 彰

魔女教の大罪司教の強欲担当。

ライ・バテンカイトス

Rye Batenkaitos

CV:河西健吾

魔女教の大罪司教の暴食担当。

パトラッシュ

Patrasche

優秀だが気位が高く扱いにくいことで有名なダイアナ種の地竜。しかし、スバルには初対面のときからなぜか忠誠を見せる。元々はクルシュの屋敷で重用されていたが、白鯨との戦い以降はスバルの愛竜となった。 性別は雌であり、オットー曰く「スバルは目が離せませんわ」などと話しているらしい。